IPSコスメティックス:ぱたぱたの小箱

3月:ポールポジション・レポート

販社長主催のイベント「ポールポジション」でのスピーチ内容等のレポートです。

※スピーチ等の内容は、あくまで個人の感想になります。

【代理店トーク】

情報だけは捉えようと思い知り合いから聞いたが、
こんなすごいものに出会ってしまった!と思いました。
伝えるからには責任があると思い、セミナーに参加しました。
(40代女性)

 

オリンピック選手に選抜されず
帰ってきた娘をIPSのセミナーへ。
セミナーに参加する度に変わっていって、
「東京オリンピックを目指すからお母さん販社になってね。」と。
私も子供に背中を見せられるように販社になっていきたい。
(50代女性)

 

友達何人かにIPSを見てもらってスタートしました。
友達それぞれが持っている良さでやっていけると思います。
磁石のようにいっぱい人が集まってくる友達もいます。
私の良さはフットワークの軽さ。
一緒に幸せになるために頑張っていきます。
(70代女性)
セミナーに参加していると、
製品のことや考え方もわかってきたように思います。
今日は両親も来てくれています。
(30代男性)

会場
【販社カウント中の代理店トーク】

何も変わっていかないのが苦しくて、
まだまだできてなくて。
誰よりも努力して、
諦めずに最後の最後まで努力します。
(30代女性)

 

みなさまのお陰。
IPSで大好きなのは愛があるなってところ。
65歳になりますが日々人生の勉強です。
沢山の人と老後の幸せをつかみたい。
福岡でもこういう大きな会を開きたい。
(60歳女性)

 

昨年12月に出会いました。
成功するために何度も転職を繰り返していて。
IPSでは成功を得られるかもと感じました。
(50代女性)

 

昨年6月にIPSに出会いました。
母子家庭で子どもは成人しましたが、
一生仕事をして生きていかないといけない。
いろんな方と会っていくうちに、
私も販社になる理由があると感じてきたように思います。
(50代女性)

 

50年生きてきて、こんな気持ちが初めて。
社長になること、仲間の人生も抱えてやっていくということが、
こういう気持ちになるんだって痛感しています。
(50代女性)

 

色んなことがあって3年前くらいから不安にかられていた。
IPSは愛情がみんなに行き渡っていて、すごい空気を感じた。
毎回会場であったことを友達に話をし、
IPSの仲間になっていきました。
私のまわりには、
自分の足で立って生きていかないといけない人がたくさんいる。
みんなで一緒に幸せになりたい。
(60代女性)

 

26年間エステを2社経営していました。
経営者と従業員って同志であると思っていたけど、
振り返ると誰もいなくて、こんな経営をしてきたんだなって思った。
今は確かな手応えを感じています。

 

【新販社誕生】

■新販社:松田新販社
家族の幸せのため、
認知症の母にも恩返ししたい、
その一心で母の世話をしながら。
思ったことしか叶わないし、
思ったことが結果と思う。

 

■親販社:河野真奈美販社長
松田さんは営業さんに
本当に一個ずつ聞いていて、
場を使って、
本当にみるみる変わっていかれました。

新販社
【販社長トーク】
■小林裕代販社長
こんなにあったかい家族に出会えて、
毎日生まれ変わってチャレンジできる。
一人でも多くの方に沢山のバトンを渡していきます。
いつもどこにいてもみんなの顔が浮かんでくる。
愛情が脈々とつながっています。

小林H

 

■森本多朗販社長
今本当にIPSを真剣に捉えてほしい。
必ずこの場で来月も会えることを願っています。

森本H
■岩渕佐知子販社長
今まで沢山の人に出会ってきた。
本業を責任ある立場でやってきた方ばかりです。
その方達には家族がいます。
大切な人がいます。
みんなで幸せになっていきたい。

岩渕H
■中井敬子販社長
真剣な人が多いなって思った。
力が入ると顔にも力が入って怒った顔に見えます。
私に伝えてくれた方は、ニコニコしながら。
軽く笑顔で。

中井H

 

 

IPSコスメティックス

No Comments :(

Comments are closed.