IPSコスメティックス:ぱたぱたの小箱

IPS販社「有限会社ビクトリ・ルージュ」「株式会社石川クラブ」イベント・レポート

 

9月1日(日)、AP梅田大阪にて開催。

主催の中井敬子販社長の挨拶から始まったポールポジション。

  

*聞かせて統括代理店Q&A

上位販社長の思いに惹かれた。商品だけでなく本物の心を感じた。

 

Q、統括になる時大切にしていた事は…?

人の活用をしている今まで好き勝手にしてきたので変えてみたい。

愛情の上にしか花は咲かない。いう通りにしてみようと思った。(男性)

 

Q、統括になってからは…?

統括の本当の目的、自分の人生を諦めていた人に諦めなくていい。(女性)

 

Q、絶望を今後還元していくには…?

上位販社長を見ているので諦めなくていい。小さいことを諦めるクセがある。(女性)

 

*聞かせて販社長Q&A

 

*スペシャルトーク

愛知県で販売会社をされているIPS販社ウィナー 森本多朗販社長

上位販社長が、名古屋に来るたびに話を聞いていたら気持が変わってきた。

IPSを始められる方へのメッセージ。まずIPSを大好き。自らの酸化還元。

自分の思いをおもいっきり一つ余分につける。

森本販社長から伝わってくる熱い思い、心に響きます。

 

*岩渕スタイル 岩渕佐知子販社長

親にプレゼント出来たことがうれしかった。親孝行ができる。

毎月コツコツ小さいことを修正、人はどこで変われるかわかりません。

 

*オピニオントーク 中井販社長

愛情の話をします。どうしても幸せになりたかった。

子供、親を幸せにさせたかった。生きている間だけが親孝行じゃない。

 

司会の方が最後に。

IPSで上手くいっている人には共通点があります。

IPSが大切にしている「人」を大切にしているか。

ディスカッションの後はゆらぎです。

たくさんの方が、ゆらぎの場で、いろんな方のお話しを聞かれていました。

<記事:芝田かおり 代理店>

 

株式会社IPSコスメティックス

No Comments :(

Comments are closed.